サービス一覧

少子化が進んでいる現在は、子どもをターゲットとしたビジネスは競争が激化しています。
子供服、玩具、菓子類などはその代表であり、特に玩具や菓子類などは、その生き残りをかけて大人向けへの路線に転換しつつあります。
そんな中、進学を扱う塾は、大きな転換が難しいため、有名な塾ほど実績を上げて塾生の確保に努めています。
自分の子どもを通わせる場合、実績の上がっているところに意識が向きがちですが、実績をあげるためのカリキュラムを組んでいるところを選択して、果たして自分の子どもに会う教育システムであるのかについて、十分に検討する必要があります。
有名でなくても、じっくり子どもに向き合い、復習を中心とした教育カリキュラムを持っているところの方が伸びる子もいるはずです。
塾の選択は、有名だという理由だけで選択しないことです。